仏壇のヤスヰ:仏壇・仏具の大型専門店
トップページ 店舗のご案内 チラシ(広告) よくあるご相談 仏事のしおり
 

 

お彼岸とは、「彼の岸(かのきし)」と書き、意味は向こう岸ということです。

この向こう岸(彼岸)は、浄土の世界と呼ばれ、一切の煩悩や迷いを断った円満無上の悟りの国と言われています。

これに対し「此岸(しがん)」は、私達の現在住んでる世界の事です。
此岸で暮らす私達は、日々人間苦や人生苦など生死煩悩の中のいて、なりわいに追われているのが現状です。

一般に、お彼岸は、「春分の日」と「秋分の日」を中心に、その前後三日にわたる一週間を彼岸会(ひがんえ)と呼びます。

その間に、お墓参りをしたり、家族で彼岸団子やおはぎなどを作り、お仏壇に供え、ご先祖様を供養するのが、ならわしになっています。

また、仏道の世界では、六波羅蜜(下記参照)という修行を春と秋の二季に十七日間を定め、
成就することを本来の意味とし、彼岸会としたものです。

春彼岸の頃は、万物千草の芽生える頃、冬の寒さに耐え自然のあらゆる生命が萌えあがる季節です。

私達は、大きな自然の法則や摂理の中で生かされていて、決して自分本位で生きているのではないということを知り、感謝の念を深めるためにお彼岸は教示しているのかもしれません。

昔から「厚さ寒さも彼岸まで」と言います。

お彼岸を、日々の生活の節目と捉え、身体をいたわり意義ある六波羅蜜を実行し、ご先祖様や多くの方に感謝することが大きな供養になると言えます。

 

 

まごころをこめて、お手伝いさせていただきます。お仏壇のご相談等、お気軽にご連絡下さい。


トップページ 店舗のご案内 チラシ(広告) よくあるご相談 仏事のしおり