企業概要   事業紹介   求人情報   お問合せ    
  トップ     ISO    
   
         

事業実績(個人向け)


舗装関係

技術紹介

 皆さんが、ひとたび自宅を出ると、そこはアスファルトで舗装された道があると思います。では、このアスファルト舗装は何の為にされているのでしょう。
 少しだけ難しい話をすると、舗装とは、車の車輪が直接かかる重さを舗装路盤全体で受け止め、それを分散させながら、舗装下の道路本体(路床といいます)へ伝え、ささえる役割をすることにより、車が快適で安全に走れるようにするものです。

  たとえば、雪の上を普通に靴を履いて歩くと、足がはまってうまく歩けませんよね。ところが、スキー板やカンジキを履いて歩くとかなり歩き易くなりますよね。要するに、設置面を増やすことで、力を分散させるのです。その役割を果たしているのが、舗装面です。

 また、未舗装の道を、歩いたときに感じると思いますが、雨が降った日のぬかるみの道を歩くと、靴が泥まみれになって、歩きにくかったり、泥がはねて服が汚れたりしませんか?また、晴れたときに風が吹いてきてほこりがたち、目に入って痛くなった覚えはありませんか?
このような不具合を防ぐ為に道路を舗装するのです。

舗装には色々な種類があると思いますが、ここでは3種類を説明します。

1.普通の舗装
ごく一般的な舗装で、皆さんが通行されている道路はほとんどがこの舗装です。
駐車場・空き地の舗装をお考えの方は、ご一報いただければ無料でお見積致します。  
2.排水性舗装
最近注目されてきている舗装です。簡単に言うと、水が舗装表面にたまらないような加工をした舗装です。この舗装の利点は、特に雨天時に顕著で、
(1) ハイドロプレーニング現象(免許を取るときに習ったと思いますが、舗装表面とタイヤ面の間に水が入ることにより、膜ができ、ブレーキが効きにくくなる現象)を抑える。
(2) 水を舗装表面に溜めないため、水しぶき等が出にくく、また、夜間ヘッドライトにより路面が反射し見にくくなるのが防げる等、雨天走行時の視認性が向上する。
(3) 水溜りが出来にくい為、沿道への水はねが抑制できる。
(4) 通常の舗装より空隙が多い為、エンジンの音や、エアーポンピング音(タイヤの溝と舗装面の間にはさまれ、圧縮された空気により発生する。)を吸収することで、騒音を抑える。
(5) 最近問題になっているヒートアイランド現象の緩和につながる。
以上のように様々な利点があり、最近では施工例が増えてきています。皆さんが街中を走っていて、急に走行音が静かになったなあと感じたとしたら、それはおそらく排水性舗装でしょう。
ただ、全てが良いというわけではなく、いくつか欠点もあります。
(1) 通常の舗装に比べて、単価が高い。普通の舗装に比べて、おおよそ倍くらいの金額がかかってしまう。
(2) 排水を円滑に行う為に空隙を多くしているが、そこに泥や砂、はたまた、タバコのポイ捨て等のゴミが詰まってしまうと、うまく排水機能が出来ず、無意味になってしまう。
当社でも排水性舗装の施工を行っており、駐車場・空き地の舗装をお考えの方はご一報 いただければ無料でお見積致します。
3.カラー舗装
街中で、たとえばオレンジ色に舗装された道路を見たことがありませんか?バスレーンなどの道路に使われているものです。アスファルトに顔料や色のついた石を混ぜることにより、このような色になります。一般道と区別しバスレーンなどを目立たせる効果があります。この舗装も視認性が良くなり、他と区別させるのに効果的ですが、費用が高く、おおよそ排水性舗装の倍くらい、普通舗装の4倍くらいのコストがかかってしまいます。
当社でもカラー舗装の施工を行っており、駐車場・空き地の舗装をお考えの方はご一報 いただければ無料でお見積致します。

このページのトップへ

連絡先
島根県松江市灘町1-43
TEL 0852(21)2001(代)  FAX 0852(31)1268
copyright(c) nippatsu all rights reserved.