中国留学館/留学生コラム
「日本〜ドイツ〜そして大連を体験中

「第6回目 貿易大世界」(2005年05月25日/更新)

5月7日(土)貿易大世界

今日は二七広場付近にある貿易大世界にオーダーメイドの服を作りに行った。ショッピングが最大の趣味(或いは最大の病?)である私にとって、ここは中国留学館のホームページを見てからずっと気になっていた所。あらゆる種類の布および仕立て屋が揃っていて、自分の好きな服を作ってもらえるという、聞いただけでわくわくするような所。一人で行くと商魂たくましい大連のおばちゃん達に圧倒されそうなので、例によって二人のクラスメートについてきてもらった。

最初につかまってチャイナブラウスを作る羽目になった一楼70-71の店はボラれたので、皆さんも用心したほうがいいです。逆にその後に行った一楼41−2号の店はお姉さんが自ら布選びに付き合ってくれ、しかも小声で「この布はもう少し値切って買いなさい。相場は○○元よ。」と教えてくれたりしたので好感が持て、とりあえずスカートを一着作ってもらうことにした。布代と仕立て代合計で80元(約1200
円)。市販のスカートだとすぐに200元、300元するので、これはお得かもしれない。しかもオーダーメードで自分にぴったり合ったサイズになるし。
 
お店にはいろいろな服のカタログがあって、スカートからコートからチャイナドレスまで何でも作ってくれると言う。お姉さんがそろばんをはじき出したところによると、羊毛のコートなども3千円くらいでできるらしい。私も友達二人もあまりの安さに興奮し、すっかりうれしくなって物欲が一気に沸騰。日本人の友達が(初夏だというのに)「このコートの型かわいい!」と言えば、いつもは財布の紐が硬いタイ人の彼女まで「私もお母さんに何か一着作ってあげようかな。」と言い出す。私もスカートの出来がよかったらまた何か作ってもらおう。一週間後の出来上がりが楽しみになってきた。

【前のコラム】  【次のコラム】  【中国留学館トップ】