中国留学館/留学生コラム
「日本〜ドイツ〜そして大連を体験中

「第7回目 大連でスポーツ」(2005年05月31日/更新)

5月28日(土)

今日は大連市主催の徒歩大会に大外の留学生と一緒に参加して10キロ歩いた。最近はほぼ毎日泳ぎ行っているし、来た当初よりはだいぶ体を動かすようになってきた。

思えば、私と大連はスポーツの点だけに限って言えば、相性最悪でずいぶん大変だった。せっかくはるばるラケットを持ってきたバドミントンは、サークルがどうしても見つからず、ラケットはお蔵入り。それなら、とホームステイ先の近くにあるプールに泳ぎに行けば、水温が低すぎて、脚がこむら返りをおこし、歩けなくなって、中国人従業員におんぶされる始末。大外留学生の運動会も当日体調が悪くなって欠場だし、どうもスポーツしようとするたびに必ず何か問題が起こる。仕舞いにはここには中国語学習の神様というのがいて、「そなたはここにいる間はひたすら中国語学習に励むべし。他の事は一切不可能。」と宣告されたのだと思うことにして半ばあきらめていた。

が、先日大連事務所に遊びに行くと、職員の馬さんに「AIちゃんは中国料理がとてもお口に合うみたいですね。顔が少し丸くなっちゃった。」とにこにこしながら言われ大ショック。馬さんはとてもやさしく穏やかな人だが、さすが中国人。思ったことをはっきり言うわ、と実感。

馬さんに言われるまでもなく、ジーンズはキツキツ。顔は明らかに丸くなったわで、これはやばいとダイエット開始。

毎日夕食後すぐに星海広場のそばにある市民プールに泳ぎに行くことにした。ここは今まで調べた中では一番安いし、人もあまり多くない。気合を入れて1ヶ月用のカードを買った。280元なり。

通い始めて3日目ぐらいに「今日は電灯が当然故障しちゃって遊泳中止。申し訳ないけどまた明日来てね。」とぜんぜん申し訳なさそうな顔をしている従業員に言われたりして、大丈夫かいな、と思ったけど、その後はほぼ毎日通っている。

努力の甲斐があって、久しぶりに出会った元クラスメイトの韓国人の女の子に「AI、ちょっと痩せたんじゃない。」と言われ内心大喜び。これは一刻も早く事務所に言って馬小姐のご意見を伺わなくては。

【前のコラム】  【次のコラム】  【中国留学館トップ】