「暇人IN大連外国語大学3」(大連外国語大学)
第10回「決戦は日曜日」(2007年12月25日/更新)

暇人は趣味運動会で負傷した左腕のリハビリをしながら授業を受けています。

そもそも縄跳びなんぞ久しくやっていないのに、縄跳びリレーに参加し大転倒!始めの頃は腕が上がりませんでしたが、ようやく痛みを堪えつつ背中に腕が回せるようになりました。

11月25日のHSKを前に、直接テスト内容に関係の無い精読の授業には殆どの生徒が参加せず、この前(11月13日)の授業は終に5人を切りました。この時期、我が班には当たり前の事なのでしょう(先生には気の毒な話ですが)。授業中に何度も当てられるのが少しだけ厄介ですが、※海事大の香里さんが以前話していた「他の生徒さんがお休みすると先生とマンツーマンになる」状態に比べれば、まぁまだやり易いのではあるのでしょう…

そのような訳で、いよいよ来週の日曜日(本日11月18日)は※決戦の“HSK漢語水平考試”です。先週の模試でようやく6級の点数が出ました。このまま本番でも良い点が取れれば良いなと考えております。今日も五人目の家庭教師の于輝(ゆうふい)さんと猛勉強(笑)の予定です。

テスト勉強だけでなく、リダさんにメールの返事を書かなければならないし、冬物の調達もせねばならずと、暇人は全く暇人でなくなってしまった今日この頃です。

補足文

※海事大の香里さん:7月(8月?)でコラムを書き終えた香里さん。お元気でしょうか? (先方はとっくに私など忘れているでしょう:泣)香里さんが海事大を選んだ理由は「日本人が少ないから」だと仰っていました。中国留学館のHPでも触れているこの「日本人が多い、少ない」の問題、このHPを見ている貴方はどの様にお考えになるのでしょうか。

※決戦の“HSK漢語水平考試”:結果がわかるのは来年の1月下旬頃になる筈です。