「暇人IN大連外国語大学3」(大連外国語大学)
第14回「閲読71点」(2008年04月06日/更新)

我が班の中間試験は精読の1科目だけでしたが、期末テストはしっかり5科目用意されていました。
韓君は楊先生に試験の結果次第では次回から大外に交換留学生が来られなくなるので点数を調整欲しいと捻じ込んでいました。
まぁ、韓国留学生の事情はさておき、※1月が正月でない中国の学校である大外は、さすがに外国人に配慮してか元旦の1日こそお休みでしたが、1月2日~4日の間にまるで普通の日のように期末テストが実施されました。
………、「ぬうう!夏(シァ)先生め、どう見たってこの閲読の(一部の)問題、HSK高級レベルだぁ!」
他の人に試験の様子を聞けば、台湾人のジャッキー(あだ名)君も両手を逆ハの字に開いて「不可能(ブクゥノン=あり得ない)!」と、ご不満の様子。ジャッキー君の仕草にヘラヘラ笑ながらも暇人は、これでこの学期は終わっても中国語の勉強に終りはないのだと改めて実感しました。

出席率はまずまず、何事もなくテストは終わったのでした。