「暇人IN大連外国語大学3」(大連外国語大学)
第15回「予想外の出来事」(2008年04月06日/更新)

冬休みも短期班があり、日本に帰っても正月ではないので、当然暇人は冬休みも大連で勉強を続ける予定でした。
短期班の学費を聞きに行こうかと思っていた矢先、実家から地元の友人に電話を掛ける様に言われました。
友人に電話を掛けてみれば、なんと癌で地元の病院に入院したと言うじゃありませんか!!
もうこれは直ぐ帰国する他ないだろうと思い、学校の前でビラを配っていた旅行会社を訪れ、3975元(約6万6千円)で往復航空券を買い、部屋の管理を劉君に押し付け、一時帰国に備えました。
話は変わりますが、HSK班の最後の夜会は、以前庄文婷さんらと食事をした「春饼大地店」で執り行いました。
料理は相変わらず美味しい。中華料理が以外に苦手な韓国の学生さん達もここなら大丈夫(ヨンジン&韓国青年団公認)。けれどまぁ、皆小食で……
その後ボーリングなどをし、皆最後まで友好を深め、1月7日の終業式での再会を約束し、解散しました。