「暇人IN大連外国語大学3」(大連外国語大学)
第16回「さよならは何度も訪れる」 (2008年04月06日/更新)

原田さんご夫妻が年明けすぐに大連に訪れていたので奥林匹克广场近くの火锅店(火鍋:中国式しゃぶしゃぶ)で会食をする事に、安保スキー場での一件で火锅に対してほんのちょっとだけ警戒心がありましたがここはとても美味しい☆それでもってまたごめんなさいなのは店の名前をまた記憶してないこと…(コラムにならないジャン★)でもまぁ、もし春饼や火锅店に興味がおありでしたら、徐さんに聞いていただければすぐ分かります(なんじゃそりゃ)。
原田さん曰く、再度娘さんが大連に留学に来るかも知れないとの事、また、スペイン留学館がプロデュースするサッカー選手の話など、いつもニュース性に富んだ原田さんの話を暇人はとても楽しみにしています。
鍋の中身もなくなり、原田ご夫妻とは店の前で別れました。(また今回もご馳走になってしまった…)
1月7日、漢学院の6階で終業式が行われ、成績優秀者として花菜里ちゃんが、皆勤賞として韓君が、そして良好班長として暇人がそれぞれ表彰を受けました。表彰も然る事ながら、無事に班員達が今学期を終えられた事に安堵…、外国である以上、いかに大連が良い街だと言っても危険がない訳ではありません(授業に来ないメンバーも定期的に安全確認を実施しておりました)。終業式後は学校が用意してくれた食事をし、ちょっとだけ飲酒をしたあと漢学院前の門の前で皆とお別れしました。
HSK5級、相変わらず彼女も出来ずと何も達成出来なかったような今学期ですが、少ない人数ながらも学友達と共に努力し、無事に今日を迎えられたのだから取り敢えずは良いではないかと自分を無理に納得させる暇人でした。
一時帰国は1月10日、その前に劉君と引継ぎの打ち合わせをせねばなりません。
まだ見えるクラスメイトたちの背中を一度だけ振り返った後、そうだ明日の昼は※カナ弁にしようなどと意味もないことを思い、少しだけ冷たい風を受けながら帰途についた暇人でした。