「香里的大連留学生活」(大連海事大学)
「公安局へ行く」(2007年05月8日/更新)

さて、なぜ公安局へ行ったのか?
実は、きのうは触れませんでしたが、彼女が来ている間に、スリにあったのです!彼女、ではなく、私が(恥)

それは、5日午後、温州城で服を見ていたときのこと。
ある店で私はズボンを試着していました。履き替える時にかばんをいすの上に置いたままにしていました。
すると、突然、店のおばちゃんが、
「ちょっと!今、女の子があなたのかばんを持って行ったんじゃない?」と、私に言うのです!
見ると、本当にかばんがない!
おばちゃんは私の手を引っ張って、彼女を追いかけて、彼女の後をつけながら、私に「これ?」と。
私が「間違いありません、これ、私のです。」というやいなや、彼女の腕をつかんで
「あんた、何してるの!」
それから間もなく、警察が来て、彼女は捕まり、幸い、スリは未遂ですみました。

その後、犯人だけでなく、私も公安へ。事情聴取です。何時に、どこで、何を、どういう状況で盗られたのか。
私の方は、あっさり終わったのですが、犯人側に時間がかかったため、なかなか帰してくれませんでした。
結局解放されたのは、夜7時半ごろ。

何より、旅行に来ていた友達にこんなことに巻き込んでしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、
彼女は「いや〜ツアーで来てたら、公安局に入って、現地の警察と交流するなんていう経験はできないよ!」と
若干興奮した様子で、公安局の写真を撮りまくっていました・・・(^^;

そして、今日公安局に行ったのは、証拠品として提出していた携帯電話を取りに行くためです。

奇しくも、今日は私の26歳の誕生日。誕生日に中国の公安局へ・・・。一生忘れません(笑)

>>戻る
>>次へ