「香里的大連留学生活」(大連海事大学)
「職探し5・派遣会社に登録に行く」(2007年05月15日/更新)

今日は、3つ目の派遣会社に登録しに行きました。
今回は、これまでとは逆です。
今までは登録した後、私の希望条件に合わせて探してもらっていましたが、今回は求人広告で面白そうな仕事を見つけたので、
その仕事を紹介してもらうために、登録しに行きました。

その求人広告は「Whenever」という雑誌に掲載されています。
この「Whenever」は主に大連在住の日本人向けに発行されているフリーペーパーで、内容は不動産情報や、生活情報、
求人広告、その他さまざまな情報が掲載されていて、すごく便利でおもしろい雑誌です。
たいてい日本料理屋や比較的大きなホテルには置いてありますが、けっこうすぐになくなってしまうので、
スイスホテル13階にある「Whenever」の会社に直接もらいに行ったほうが確実です。

さて、その求人広告から私が興味があったのは、

・日系食品メーカー 管理職 15000元〜
・日系物流会社 窓口担当 7000元前後      の2つ。

日系食品メーカーの方は、お給料が破格にいいので、絶対要経験だろうと思ったのですが、「未経験でも中国語ができれば可」と
いうことだったので、登録の面談で聞いてみたんです。
ところが・・・派遣会社の答えは「やはり経験がないと、ちょっと厳しいと思います」という答えでした。
さらに、もう一社も「要経験」。

うーん・・・どうも、その派遣会社はちょっといい加減な感じがしました。
結局紹介されたのは、伝票の入力作業のような仕事。中国人総経理が対応してくれたのですが、
「この仕事だと、今あなたの住んでる家からも近いし、内容も結構楽ですよ。」と言われた時、私は
“この派遣会社では、私のやりたい仕事は見つからないな”と悟りました。
私は別に楽な仕事を求めて、大連に残るのではないので。

>>戻る
>>次へ