「香里的大連留学生活」(大連海事大学)
「カメを飼う」(2007年06月9日/更新)

週末の朝は、たいてい朝市に行きます。
朝市自体は毎日やってるのですが、平日は学校があるので行けません。
そこで、私は週末に行って野菜とか、果物とかをまとめて買うんです。

私は朝市のあの、にぎやかな雰囲気が大好きです。
野菜・果物以外にも、魚、肉、豆腐、服、・・・そして、カメ!?

カメ、というか、金魚を主に売っている店があって、そこにいるカメが数週間ほど前から気になっていたんです。
別に珍しいカメではありません。普通の、ミドリガメ。
体長は7センチくらいで、なんだかかわいくて、すごい元気で。
おとといくらいに、ついに「飼おう!」と決心しました。

今日もいつものようにおばちゃんが金魚を売っているところに行って、まずは見学。
たらいの中にカメは3匹。そのうち1匹は“たぶん生きてるんだろうなぁ”というくらいの動きのなさ、
もう1匹はカメらしい動きの遅さ、そしてもう1匹は異常に元気。
元気すぎるのも怖いなぁ・・・とも思ったのですが、やっぱりそれにすることに。

おばちゃんに値段を聞くと、「つがいで、25元だよ。」と。
“えっ、つがい??”

私「つがいでしか、売ってくれないの?」
お「そう、つがいだよ。」
私「そんなわけないよ。じゃあ、なんで3匹残ってるの?」
お「あっ・・・そうか。」

ということで、あっさり1匹で売ってくれることに(笑)
交渉の結果、カメ1匹に大き目の金魚鉢(少し底がひび割れてる処分品)付きで14元で買いました。

何を食べるのか聞くと、「そこで売ってるカメ用の餌(15元)を食べる」の一点張り!
商売上手だなぁ〜、もうっ(笑)
結局それは買いませんでしたが(^^;

おばちゃんによると、この1匹だけは野生なんだとか。本当かどうか分かりませんが、でも道理で元気!
ネットで調べたら、オスでした。これから、よろしく☆

>>戻る
>>次へ