中国留学館/留学生コラム「ジロウさんの独り言」

「ジロウさんの独り言5」(2004年04月30日/更新)

41.自動車ローンの話
相互学習相手のLさんは、自動車を買うようだ。私にカタログを見せて、どの色が良いかと聞くので、ワインレッドを指すと、我が意を得たように嬉しそうだった。  値段を聞くと、100,800元(約150万円)で毎月2,000元を5年間支払うとのこと。逆算すると、年利4%程度になる。今の中国経済の勢いなら6〜8%の金利と思っていたので、予想外の低さに驚いた。  「運転できるのか?」と聞くと、ご主人と一緒に運転免許を取ったが、自信が無いので陪練(pei lian:人に同乗してもらって訓練すること)するとのこと。

42.「思い込み」の話
機器のコンセントを挿さずにスイッチをいれ、動かないから壊れたと思い込んだ、或はそれによく似た経験をしたことはありませんか?  先日、パソコンの音がまったく出なくなってしまい、マニュアルで「音が出なくなったら!」の項目を見ながら確認しても問題はなく、てっきり壊れたと思い込み1週間ほど放置していた。たまたま部屋に来た留学生に相談したところ、ヘッドホーンで聞こえるか確認しようという事になり、側面のプラグ穴を探していたら、なにやら小さなダイヤルが見つかり、それを回すと突然音が出た。どうやら掃除をしているときにダイヤルに触れてしまい音量を下げてしまっていたらしい。  みなさん、マニュアルを見る前に初歩的な確認をしましょう。


43.二胡の話・その4
ついに二胡を買いました。老師と、2ヶ月前から二胡を習い始めたMおばさんと、私の3人で楽器店へ行き、Mおばさんによる激しい値段交渉の末、なんと580元の二胡を450元で購入することができたのです。ほんとに激しい交渉で、店員が怒り気味に、それなら売らないと言っているのが、私でも聞き取れました。  しかし、値段が決まった後は妙に楽しげに話をしており、店も損をしていないのは間違いないようです。帰り道で、Mおばさん曰く、「私のおかげだから、お礼に日本語を教えてね!」とのこと。もちろん快諾。  早速、老師からに1時間の指導を受けて、なんとか「ドレミ・・・」を弾けるようになったものの、肩が凝りました。明日からもっとがんばろう!

44.二胡の話・その5
昼に部屋で二胡の練習をしていると、隣の部屋の女の子(韓国からの留学生)が入って来て、「音がおかしい」と言った。ちなみに彼女は漫画で日本語を覚えたという天才で、音楽の才能もあるようだ。  「習い始めだから正しい音が出せない」と返答すると、「最初に正しい音が出せないと、間違った音に耳が慣れてしまうからダメだ」という。その通りだと思い、その女の子に"ド"から順番に音を聞いてもらい、1時間かけて矯正してもらった。  二胡を弾いたこともないのに音を聞いただけで、指の位置を指示できる能力がすごい。  しかし、いつも挨拶するだけだったのに、わざわざ音の矯正に来てくれたということは、私の演奏する音が相当耳障りだったに違いない。

45.Lさんの車の話

相互学習相手のLさんが、ついに自動車を買いました。購入後、2時間100元の教官指導を受けながら練習したそうです。「運転は、緊張するだろう」と言うと、「教官のほうが緊張している。」と笑っていた。車はLさんのご主人が通勤に使用するらしい。

46.カラオケの話
こちらに来て初めてカラオケへ行ってきました。日曜日の午後6時30分から1時間半、歌い放題で30元でした。午後8時をすぎると値段が高くなります。  飲食類をオーダーするシステムはなく、自分で買いに行かなければなりません。部屋はとても綺麗で、楽曲には日本語の歌もあります。  テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」を中国語で挑戦、サビの部分は完璧に歌えるようになりました。

47.HSKの話
2004年のHSK(漢語水平考試)初・中級の試験日は、5/16、7/11、12/19です。受験回数に制限は無いのですが、試験間隔が最低60日必要なため、仮に初回(5/16)に受験すると、2回目(7/11)までの間隔は60日未満なので、2回目は受験不可となります。私は、2回目(7/11)と3回目(12/19)を受験することにしました。

48.相互学習中断の話
相互学習相手のLさんが、仕事の関係で学習継続が不可能になり、中断することになりました。とても相性が良かったので残念です。学習相手を選ぶ際のポイントは、長く続けられる相手を選ぶこと。しばらくは新しい学習相手を探さず、空いた時間を二胡の練習に当てます。

49.星海広場の話
大学から歩いて20分程度のところに星海広場という散歩コースがあります。先日、あまりにも天気が良かったので、辞書をもって老師と一緒に散歩に出かけました。  散歩とはいえ、老師の話を聞きながら、わからない部分は音をたよりに辞書を引く作業を伴いますので結構大変です。  星海広場は、もともとはゴミで埋め立てた土地につくられた大きな公園なのですが、綺麗に造成されており、風光明媚なところです。東側には高層マンションが建っており、老師曰く、「全室温泉が利用できる高級マンション、値段は一平方米あたり一万元」とのこと。たとえば200平方米(約60坪)の部屋なら200万元(約3000万円)。部屋から綺麗な景色を見ながら温泉に入れるとは、なんとも羨ましい。日本で家を買うより、こちらでマンションを買うほうがお得かも。

50.運動会の話
4/16(金)、4/17(土)は、大学内で運動会がありました。運動会は2年に一度開催されており、直前には行進の練習等もしており、かなり本格的です。留学生は参加できませんが観るのは自由なので、16日の午前と、17日のオープニング・セレモニーを見学してきました。400メートル競走で選手が応援団の前を通過するときには、「加油!加油!(がんばれ!がんばれ!)」の大合唱、私もつられて応援しました。  17日は、選手団入場から、チアリーダーによるダンスまでの約1時間がオープニング・セレモニーとなっており、オリンピックさながらの催しでした。一緒に見ていた老師もまだ大学に赴任して2年目のため、運動会を見学するのは初めてのようで、けっこう楽しそうでした。  大連の大学はどこも盛大に開催しているそうなので、大連にこられる方は留学先の運動会をぜひ見学してください。

【前のコラム】  【次のコラム】  【中国留学館トップ】