中国留学館 「留学生連載コラム」__
 
たろうさんの斜め読み大連日記
11月3日 (土) 晴れ
2002年01月08日/更新
天気も良かったのですが、多少疲れているのかあまり遠出もせずに部屋で午睡。 ロシアの子達が寝ていた4階のソファーが1階に移動。3階4階の階段の電気も 消して、ロシアの子の部屋の行き来を止めようとしてますが、午後11時過ぎの今でも 細々と行き来してます。
この子らの問題点は社会生活をしていない上に、親からのチエックが入らなくなり、 野放図の状態であることに加えて、精神的に幼いという最大の欠点があります。 先週も、初級のテキストで「茶」と「可楽(コーラ)」という2つの文字があり、 リスニングテープでは「私はお茶が好きです」という設問に、どの文字が正しいのか 答えるのですが、「俺はコーラが好きだからコーラが正しい」と言い張っていたそうです。 あいつら小学生か????(これは全て親の責任)
また、彼らは授業を受けるときに辞書を持っていません。
とてもでもありませんが、授業をうける体制ではありません。予習もしてこないそうですし やる気のない学生が遊んでいるのはとても迷惑・・・・
まぁ知り合いになることなく淡々と生活を続けていかないと、ここの学校での生活も結構厳しい。
11月4日 (日) 曇り
2002年01月08日/更新
今日は日本の印象について気づいた事。 以前、台湾にいたときに一度市内バスに乗り「東京音頭」の北京語バージョンが流れていて 「東京音頭」・・・・「踊り踊るなーら、ちょいと東京音頭、ヨイ、ヨイで始まるヤクルトの応援歌」 拍子抜けしてしまったことがあったけど、中国ではTVの演芸コーナーで日本の漫才に相当する 「相声」というのをやっていたのですが、その漫才師が「北海音頭」の中国語バージョンを歌ってた。 「北海音頭」・・・「ヤーレン、ソーラン、ソラン、ソラン、ソーラン、ハイ、ハイで始まる歌」 なるほどね。そういう音楽がここでは日本の記憶として残っているみたい。 大連は特に海の町だったし、漁師が多かったんだろうからね。これも歴史の残した証拠なんでとっても興味津々。
11月8日 (木) 曇りのち晴れ
2002年01月08日/更新
少しつかれてるのかなぁ、食欲がわかない。(個人的には本当に珍しい) 「囚人飯」の学食の弁当も、もう飽きたしなぁ・・・ 日本ならこんなときは胃を刺激するためにびりっと辛い「明太子」「キムチ」「カレーライス」 でもたべたりなんかするんだけど、大連じゃあ一番食べたい明太子を 探しても無いかもしれない・・・・明太子はあんまり日持ちしないからしょうがない。 とりあえず何も食べないと体力が回復しないので、日本料理屋さんでカキフライ定食を食べる。 本当はビールかチューハイでも飲みたかったけど、寮に帰ってから相互学習があるので我慢我慢。 今晩は、梅干でも食べて早めに寝よ。 無理しているつもりはないんだが、大連についてから2ヶ月ほどたったので、たまった疲れでも出てきたかな?
11月11日 (日) 晴れ
2002年01月08日/更新
毎日、基本的には日本の食生活に近い食べ物をとる様にしている。 例えば、朝はパン、昼はご飯(学食の弁当)、夜は簡単な日本食、もしくは日本でも食べなれた中華料理といったように。 「郷に入れば、郷に従え」という話もあるが、とりあえず飯がまずいのはその後の生活に支障をきたす。 中国大連では生ものは、一般生活のなかでほとんど食べることがない。 刺身はもとより、生野菜はほとんど食べることがない。 先日、昼食で日本食についていたサラダを食べたあと、便通が良くなったし、カキを食べることで体調も回復してきた。 (いつもなら3.5元の学食「ぶっ掛けご飯弁当」) 勉強するのに必要なのはやる気というのも当然だけど、精神も含めた健康管理も大切。 以前の台湾留学で風邪を引いて発熱などでえらい目にあったことを思い出し、できるだけバランスのとれた、 油分のすくない食生活をとりたいのだが・・・・中国じゃ自炊しないと難しいかなぁ・・・・・(涙)
11月15日 (木) 晴れ
2002年01月08日/更新

今日は昼に先生にご飯をおごってもらった。久しぶりの本物の中華料理。 野菜と豚肉の炒めもの、卵とトマトの炒めもの、酢豚らしきもの、牛肉の煮込み。 結構おいしい。いつもは学食なんでそろそろ飽きてきていたんだけど。 たまにはこういうのも良いなぁ。 メニューを見ても良くわからんし、注文の仕方がイマイチ理解できないんであんまり 中華料理の外食は行ってないんですけどね。

午後からは2人、相互学習の予定だったのが、二人ともドタキャン。 (一人はなんの連絡もなし。) 少し疲れていたから午睡の時間に振り替え。 最近は毎日、何を食べようか迷ってしまうことしばしば。 節約と健康のバランスをとるというのは結構難しい。 肉、野菜、海産物、穀物などなどバランスよく食べないとダメですね。

追)先日、マイカルの地下食品売り場に一緒に勉強しているO君と買い物へ行った時にたまたま、遼寧師範大学へ留学している「若い」女の学生の方と話す機会がありました。実は学校関係者以外の日本人の「若い」女の人と話すのは本当に久しぶり。ほ
ぼ2ヶ月半ぶりくらい。それくらい、ここ水産学院では学外の日本の方と接する機会が少ないのです。否が応でも勉強する時間が増えてしまうわけです。

11月17日 (土)
2002年01月08日/更新
今月の10日に中国もWTO(旧GATT、政経でならったでしょ?)入り。 日本の1965年、韓国の1987年(だったかな?)のGATT加盟時と同じ土俵に 入ることになった。政府やメディアは歓迎ムードでいっぱい。 これからガンガン輸出したるでーっ、経済もガンガンのびまっせーって雰囲気。 でもちょっと待った。本当にそうなの?

WTO開始でアメリカは農産物、車、保険、証券の新たな市場が開いたので 舌なめずりしながら見ているし、日本だって電気製品、車、各種材料のメーカーが 同じようなことを考えている。 一斉にそれらが入ってきたらどうなる?

特に農業分野。中国では米とトウモロコシは政府が一括で 買い上げていたけど、その価格はアメリカ製の1.6〜1.9倍の価格で、政府も買い上げを じょじょに縮小してきている。 そこで大量にトウモロコシ、小麦が輸入されたら、大量の農家の失業者がでるだろうし、 各種商品が輸入されることで国営企業の倒産は続出して、 大きな街中はプータローだらけ、盗みは増えるわ、物乞いは増えるわ、やくざも増えるし 犯罪が増えることは間違いなし。現状は戸籍制限で住居の移動には制限があるものの、 食べられなくなったら、そうもいってはいられない。 また、沿海部の所得は今回のWTO加盟による所得の上昇で地方との所得格差はもっと 拡大するだろうし、田舎の農家と都会のサラリーマンとの所得差は20倍くらいには 簡単になってしまうでしょう。(現状は5、6倍くらい) 当面は、国内のインフラ開発(道路、鉄道、通信など)へ人を最大限振り替えて一時しのぎ をして、西部の開発を促進して現地雇用を拡大させていくことしか方法はない。 でも各省も御身が大事。表向き「西部大開発」に協力的な姿勢は示すものの、自分とこの省に あたらしく海外資本の工場や投資がないと今後の雇用問題、租税の安定徴収が解決しないから、 西部にあたらしい工場をもっていかれるとちょっと困る。しかも半導体とか液晶とか最新鋭工場 なんかもっていかれるともっと困る、いま省内にある工場を西部に持っていかれるとすごい困る というのが中国の現状。 (もっとも、半導体、シリコンウェハー、液晶材料、薬品、化学製品などはどこの国も慎重に進出を  考えているから、加工産業以外のもののこれから投資の余地は残ってはいるが。)                                       
つづく 
11月18日  (日)
2002年01月08日/更新
もひとつ中国の不安材料は生産するにあたってのエネルギーの不足。
このまま工場が大挙進出してくると、人はたくさんいますし、土地もあるからあとはエネルギーが必要。 いくら中国が天然資源が豊富とはいえ、石油も石炭も掘らなきゃとれません。 とうとう99年あたりから中国も石油の輸入国になってしまいました。 05年くらいから供給が始まるサハリンの天然ガスも買いに来ているし、 日本、台湾、フィリピン、ベトナムなどと領有権をあらそっている尖閣諸島には 石油が埋まっているというし、エネルギーの確保は中国のアキレス腱のひとつなんです。 もうひとつ危ないのは「水」です。 工場の大量進出により、工業用水の需要の増大、食料増産用の水需要の拡大、 生活様式の変化による水需要の拡大をはじめ工場排水、生活廃水からでる 「水」の汚染が河川を汚し、更には沿海部の海を汚すことにより、 沿海部の海産物が将来的にほぼ食用不可どころか資源の枯渇につながる可能性があります。 また飲料水も取水する河川汚濁により飲用不可となるところもあるかもしれません。 たぶん中国はエネルギー不足と水で苦労します。
11月22日  (水)
2002年01月08日/更新
音楽の感覚も様々。前回、日本の印象の件で書いたときに音について少し書いたけど 2,3日前に乗った大連のバスで流れていた音楽は「蛍の光」。 さっきのったばかりなのにすぐに降りなくてはならない気分になった・・・・ また以前にのった大連のタクシーが出発の際にメーターを下げたときに聞こえた音楽が なぜかソニーのPCの「VAIO」のオープニング音楽。 どっから音を拾ってきたのかなぁ・・・・・・・・
11月28日  (水)
2002年01月08日/更新
こむら返りで起床。最近運動不足してたしなぁ・・・ 大連も突然寒くなり、授業の休憩時間にベランダへでて海を眺めるのも、あんまり長い時間は できなくなってきました。ここの大学で気に入っているのは海が目の前なので、とっても眺めが いいんです。海のにおいもするし、かもめもたまーに鳴いているし。 さてさて、いっしょに中級で勉強していた日本人のO君が慢性の胃痛がなおらず、急遽帰国。 日本人2人とロシア人15人(最近1人増えた)が残り、中級は私1人、残りのみんなは初級の授業を 受けています。 でも相変わらず、夜になってもあの子らうるさいです。そろそろ漢字もわからず脱落しそうなんですが、 ロシアより中国のほうが物資が豊富でTVも入る、遊ぶところもあるらしく、全く帰りたがる気配も ありません。親も子供の金が不足したら送っているそうで、(女の子の一人が既に携帯電話をもっていたの には驚いた)子も子なら親も親だ。んーーーーこまったもんだ。

「たろうさんの斜め読み大連日記インデックス」