中国留学館直営事務所より「大連事務所便り」

「お花見に行こう!」(2006年05月09日/更新)
先日、旅順へ友達の結婚式に行ったついでに、龍王塘へお花見に行って来た。旅順龍王塘の桜は中国全国でも有名で毎年の四月下旬から五月上旬まで 5000uもの庭園に満開の桜が咲き乱れ、見事な光景を作り出しています。桜の木は八重桜を始め各種1500本余りあり、1920年代のダム建設当時には4000本以上もの日本の桜が植えられていました。そのうちの大部分は、数十年の間に見られなくなりましたが、一部が老木として今に至り、庭園内の多くを占めています。90年代以来庭園の整備も進み、桜を含めて8000本以上の樹木が植えられ、花と緑の憩いの場となっています。
うららかな春の一日、家族か恋人と一緒にゆっくり歩きながらの散策を愉しみます〜〜
ようやく春の膨らんだ太陽の陽を浴び、花が咲き、そして、春風に散っていきます。気持ちいいなぁ〜〜
【次項】 【中国留学館トップ】