■6月1日は「子供の日」そして端午の節句にはちまきを食べます。
粽(ちまき)はもち米やうるち米、米粉などでつくった餅、またはもち米を三角形に作り
ササなどの葉で巻きイグサなどで縛った食品。葉ごと蒸したりゆでて加熱し葉を剥いて食
べます。日本は米粒の原型を留めないものが多いですが中国では米粒の原型が残ってかつ
米以外の具を加えているものが多いです。中国の伝説では楚の愛国者だった政治家で詩人
の屈原が端午の節句の日(端午節)にササの葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが起源
とされておりこのため日本でも中国などでも「端午の節句」に食べる習慣があります。