近代化な都市大連には今でもこんな人達がいます。生活は簡素で
楽観的な人達です。彼らは毎日靴を修理し暇な時には義侠小説を
見て老眼鏡を掛ける姿は静かで落ち着いており真剣そのものです。
靴修理人の特色は手仕事で大都市大連のひとつの風景です。
大連人にとって靴修理人がいない日は想像できないのですがきっと
彼らは静かにゆっくりと消えてなくなってしまうのではとチョット寂しい
思いがしますが急速な近代化に伴って仕方の無い事なのでしょう?