■鉄道マニアは大連へどうぞ!現在まで続く大連の100年電車です!!!
て運行されていましたが車体はアメリカ製で:車台はイギリス製:電気接触部分はドイツで生産されて居たそうです。
中国国内で2番目の公共用交通機関ができたことを意味しています。当時は30台の木造の電車が4台で連結され
駐車場と電車修理工場も現在の民主広場付近に同時に建てられています。電車が街を駆け抜けた瞬間から大連は
大桟橋(現在の大連港埠頭)に全長2.45kmに及ぶ路線を竣工し路面電車の開通が始まりました。また電車を停める
が大連市第1本目となる路面電車路線建設の計画が出されました。1909年電気遊園(現在の青泥窪橋付近)から
日露戦争が終了した直後に中国東北地区“南満州”の殖民当地を維持する為に1907年日本南満州鉄道株式会社