PM2.5は本当に悩ましい問題ですが下記の事を充分に自覚なさって対処して戴けば「備えあれば憂いなし」決して怖い事ではありません。
1.まず余り神経質にならず冷静に正確な情報を把握して完全な防備をなされば決して怖い事ではありません。
2.PM2.5に関し如何に正確でリアルタイムな情報をゲットするのか?
  ですが当館が最もお奨めするサイトは全世界のPM2.5の詳細データを瞬時にゲット出来る下記のサイトです。
  中国の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ http://aqicn.org/map/china/jp/
  このサイトをお使いのPCまたはスマホ等のデスクトップに設定して常時刻々と変化する状況をスピーディーに把握なさってください。
  日本全国の詳細情報も当然ゲット出来ますのであなた様のお住まいの都市の現状と中国の各都市のPM2.5を比較しご自分の尺度を養ってください。
3.PM2.5対策はPM2.5対応N95規格のマスクや日本製の空気清浄機で防備する事が最も重要な手段です。
  ネットで上記に関する様々な情報が提供されて居ますので最も大切な健康の事!充分に吟味なさって渡航前にご自分にふさわしい選択により万全の準備をなさってください。
  屋外にでる時はPM2.5対応N95規格のマスクの着用に尽きますが重要なのは最も長時間生活される居住空間のPM2.5対策です。(睡眠時を含む)
  この対策は粗悪な中国製ではない日本製の空気清浄機で完全に防備なさる事が最善の策と申せます。
4.長期留学の場合は日本製の空気清浄機も様々ありますのでご自分で選択して戴きたいのですが側聞する限り中国仕様のシャープ製品が1番人気の様です。
  大連では中国シャープの空気清浄機も販売していますが当然高価になりお好みの機種を日本で購入し機内預け荷物として持ち込まれるのがベストと言えます。
  また現地のお部屋の空調機にPM2.5対応フィルターをセットなさる方法など様々な情報がありますがいずれにせよ事前にネットでの充分な情報により判断なさってください。
5.全ての電気製品に言えることですが重要なのは日本と中国の電圧が違う事で当然変圧器:差込プラグ等個々の方々のニーズによりますので当館として断言は不可能な事です。
  従いこの件もネットの充分な情報や体験談等により事前に調査し最も自分好みの判断をなさってください。
  大連では当然全ての電気製品は勿論中国製変圧器:差込プラグ等は安く入手出来ます。
  大連にご到着になり入学手続きは勿論銀行口座開設やお買い物等当館大連事務所が様々な方々のニーズに対応致しますが今まで電気製品に関しましてもトラブルは皆無です。  
6.日本の電源の電圧は100V(東日本50Hz 西日本60Hz)一方中国の電圧は220V(50Hz)です。
  日本で購入した電化製品を中国で使う場合多くの場合は変圧器を使って中国の高い電圧を落として使うことで解決します。
  特にノートパソコンや携帯電話などの充電器は100V〜240V対応のACアダプターが有り電圧の違いを意識することなく世界各国で使えるようになっています。
  しかし中国の家庭では白熱電球が破裂する等という日本では考えられないこともありそれだけ中国の電源事情は不安定なのです。
  日本の商用電源の電圧変動幅は95V〜107Vとされていて+/−10%にも満たない数値です。
  これに対し中国の電圧変動幅は180V〜270Vと言われていて+23% −18%という大きな変動幅があることは認識なさってください。
7.大連の人々は実に大陸的でマスクもせず経済成長したのだから仕方ないと諦めている人が大半で意識の高い人々は粗悪品の中国のマスクでなく日本製のマスクを常用しています。
  そこで重要なのは一度吸い込んだPM2.5は微粒子のため肺の奥に蓄積し肺ガンを始め全ゆる肺疾患の原因になる事が立証されて居る事実です。
  従いこの件だけは「郷にいれば郷に従え」ではなくあなた様の命に関わる事ですのでマイペースで油断することなく完全なPM2.5対策を実行なさってください。
8.この重要な問題は必ず政府が解決せねばならない問題ですがかなりの時間を要する問題である事は否めない現状です。
  従い当面は「備えあれば憂いなし」自己防衛をなさってPM2.5対応N95規格のマスクや日本製の空気清浄機等で快適な留学生活をなさる様万全の準備をなさって下さい。

2014年元旦 中国留学館代表  原田康行拝