大連大学 国際文化交流学院
開発区に位置する総合大学
大連大学は1987年に中国教育委員会からの承認を受け、多くの学科を持つ総合大学として設立されました。95年から留学生の受け入れを開始し、開発区という立地条件から留学生の中には働きながら中国語を学んでいる勤勉な学生や、企業から派遣された留学生なども多く、きれいな環境と完備された施設は留学生の学習環境と生活に良い条件を提供している。

【年間学費】13,000元 <語学研修>
【総学生数】8,800人
【大学住所】中国大連経済技術開発区
【アクセス】市内中心まで乗車50分
【電話番号】86-411-87402234
留学生数
47人
日本人
7人
韓国人
40人
欧米人
-
授業の特色 
1クラスの平均人数は10人以下、最大でも15人程度で語学を学ぶには最適な人数で授業は行われます。 授業内容はクラスにより異なりますが、中級班ではビジネス会話を、上級班では文学作品を扱うなど特色豊かな授業が期待できます。
クラス編成
各クラスは中国語の能力に応じて初級班、中級班、高級班とあり全部で9つの班に分かれています。一定の中国語の基礎のある人はクラス分け試験の成績によりクラス編成します。
インターネット環境
大学内には学生の利用できるコンピューター施設が豊富に揃っていますが、残念ながら日本語の環境はありません。 留学の際はノートパソコンの持参をお薦めします。
週末には市内行きの無料バスが運行
週末になると大学より市内行きの専用バスが準備され、大連大学の学生は無料で利用する事ができるのでとても便利です。
大連大学本科
詳しい専攻科目についてはこちらを参照。 本科卒業合格者には学士号が授与され、HSK(中国漢語水平試験)の6級資格取得者は本科の2年生に編入する事ができます。
経済技術開発区 
大連経済技術開発区から市内までは車で50分とかなり距離があります。開発区には日本、韓国などをはじめとする1000社以上の外国企業が進出しており、本学の留学生の多くはこうした背景を基にこの大学へ通学する学生が多いようです。
★大学周辺
大学の周囲には広大な緑が広がっており、キャンパス内はとてもきれいで落ち着いた雰囲気を持っています。周辺には特に見るところもなく勉強に専念できる環境が整っています。
中国人学生との相互学習
大連大学には外国語学部として日本語学科が設立されており、日本語を学んでいる中国人学生も非常に多いです。留学生と中国人学生との相互学習は盛んに行われています。
豊富な課外活動
武術、書道、英語、中国画、民族音楽、中国按摩などの選択科目から自由に1〜2科目を選択する事ができます。
中国留学館は皆様の「安全・安心・満足」を目標に快適な留学生活をサポートいたします。
Copyright(C) 中国遼寧省人民政府対外貿易経済合作庁日本国情報センター 2001 All Rights Reserved.