ご挨拶

司法書士リーガルエイドしまね 代表の余村博樹と申します。
当会は、「法律専門家たる司法書士の力を結集し、司法から取り残されてきた市民に対して適切なリーガルサービスを提供することにより、司法過疎の実質的解消を図る」ことを目的に、平成15年9月12日に島根県内の司法書士有志で設立された団体です。

主な活動は、以下のとおりです。
1 電話による法律相談(無料)
2 面談方式による法律相談(無料)
3 市民法律講座の開講

市民の方の身近な相談相手であるよう、電話による法律相談は常設しています。
法律問題でお困りの方は、お気軽にお電話ください。

相談予約電話  090-9505-5463


司法書士について
司法書士の業務は、登記・供託・訴訟などの手続を通じて国民の権利を保全することが主な内容ですが、 日本社会の構造改革の一環としての司法制度改革の中で、身近な司法の実現の観点から、司法書士に国民の 権利を保護する役割を担わせるために、簡易裁判所における訴訟手続の代理や民事紛争に関する相談、 裁判外での和解の代理などの法律事務も行えるように法律が改正されました。
具体的には、不動産の売買や相続による登記、会社の設立や役員変更の登記、借地・借家に関わる地代・ 家賃の弁済供託、本人訴訟のための訴訟書類作成援助というこれまでの手続専門家的な役割だけでなく、 阪神・淡路大震災における相談ボランティア活動、悪徳商法に関する消費者啓発教育、多重債務者の 法的救済活動、高齢者や知的障害者のための成年後見活動などを通じて培った経験を基に、消費者 (市民生活者)の日常生活における法律問題(金銭貸借、家事事件等)や中小・零細企業の抱える法律事務に 関して、相談から契約書等の書類作成、場合によっては交渉や訴訟活動までも含めて当事者のために必要と なる法律的な支援をする役割もあります。