歴史と湯の町・温泉津町/温泉津観光協会
よう来んさった!歴史と湯の町「温泉津(ゆのつ)町」
温泉津観光案内  ゆのつ温泉夜神楽定期公演
毎週土曜はゆのつ温泉夜神楽!


温泉津の観光情報をお届けします

大田市観光協会サイトもご覧ください

静かな空間が心をひきつける「タイムスリップしたようだ」と心がささやいた。
日本最大級の登り窯と温泉津焼きの歴史にふれ気軽にあなただけの陶器づく

り体験
石見銀山は日本の歴史上最大の銀山として名を広めています
温泉津町の町並み

全てが長い歴史を刻み、全てを大切に残してきた
温泉津は昔の日本に会える街
たまには懐かしさにひたってみませんか…
   
大田市観光サイト 石見銀山ウオーキングミュージアム
(リンク先はhttp://www.ginzan-wm.jp/のページです)


温泉がわく港町【温泉津エリア】 毛利氏が支配した16世紀後半、銀山から採掘された銀は大森の町を出発し柵内を経て、日本海に面した港へと運ばれました。その道が銀山の温泉津沖泊道です。日本海に面した沖泊は海の底が深く、湾の入り口の櫛島が季節風を防ぐため大量の銀を積み出すには最適な港でした。今も船を係留するための鼻ぐり岩が数多く見られ、往時を偲ばせています。 また、温泉津港は銀山の物資供給基地として、銀山で働く人々の暮らしを支えました。かつて30軒もの廻船問屋が軒を連ねたという町並みには温泉が湧出し、かねてより湯治客や旅人が訪れました。時の移った今も、情緒漂う町並み、日本海の味覚、温泉、そして歴史に惹かれた旅行客が絶えません。


温泉津エリア目的別スポット紹介
【観る・巡る】 【温泉で癒す】
【食べる】 【遊ぶ】
【買う】 【体験する】
【泊まる】 【自然と親しむ】


温泉津情報フェイスブックページ