歴史と湯の町・温泉津町/温泉津観光協会

石見銀山 地元料理・特産品
温泉津温泉 宿泊施設
温泉街 温泉津便り
体験 交通アクセス
天気予報
自然観光 リンク TOP
温泉街
温泉街夜景

どこか昔懐かしい感じがする温泉街。2箇所ある源泉が温泉津温泉の特徴です。
また、もう1つの特徴が石州瓦と呼ばれる独特の赤瓦と渋い光沢の黒瓦でデザインされています

石州瓦が続く温泉街
石州瓦が続く温泉街


ゆう・ゆう館


温泉津湾のほとり、温泉街の入り口に建つ和風の外観が美しい多目的施設。
一階は大田市観光協会の観光案内所になっている。
二階のギャラリーに展示されている骨董、歴史資料は一見の価値あり。
銀の積み出し港のかつての隆盛を垣間見ることができます。

温泉津温泉観光案内所
(ゆうゆう館内) 

電話:0855-65-2065

年中無休(年末年始は除く)
温泉津温泉に関するお問い合わせ 
周辺観光地までのアクセス情報等 

 
ゆう・ゆう館
ゆう・ゆう館 館内 ゆう・ゆう館 館内
 館内の2階には温泉津の歴史を紹介するギャラリーコーナーがあります。
     
恵b寺

安楽寺
恵b寺

戦国武将細川幽斎が百歌連歌の会を開いた逸話や
石見銀山初代奉行、大久保長安の殺生禁断の
制礼や逆修墓があることで知られる古刹。
温泉街に巌とした空間をつくる。

安楽寺

昭和の妙好人といわれる浅原才市にゆかりの
深い寺院。境内入口に才市の法悦句を刻んだ
碑があり、数々の遺品も保存される。
毎年六月五・六日に顕彰法要が行われる。



西楽寺

龍澤寺
西楽寺

大阪石山合戦への顕如上人からの依頼状が残されている寺院。
江戸時代初期に建てられ同後期に再建された
本堂は、現在も格調高く威厳を放っている。


龍澤寺

旅の途中に立ち寄った木喰五行が、特殊なノミ跡を
しるして刻んだ木彫り仏が安置されている寺として有名。
温泉街を北側へ少し上っていく坂道にひっそりとたたずむ。

龍御前神社

浅原才市像
龍御前神社

石見銀山華やかなりし頃、頻繁に温泉津港に
出入りした北前船の守り神として信仰を集めた。
温泉街を見下ろす岩山にあり背後の岩は龍が
大きく口を開けた様に見える。
浅原才市像

元湯の前に広がる石だたみの広場、
その中央にあるのが妙好人浅原才市の像。
頭にはえた角が存在感をアピールする。
その遺徳をしたって、参拝にくる人も少なくない。