綱領・指針 会長挨拶 組織図 会員紹介
事業報告 あゆみ マップ リンク
安来商工会議所青年部の歩み
安来商工会議所青年部設立総会(昭和63年度)
 昭和63年10月15日に会員数83名で、安来地域の商工業の発展を願って設立されました。おりしも昭和天皇が病気悪化の時期で、ささやかな式典でスタートしました。
アイアンロード採火リレー(平成5年度)
 安来和鋼博物館の開館に合わせて、『鉄の道文化圏』で関係の深い5市町村(吉田村、横田町、仁多町、大東町、広瀬町)の商工会青年部にご協力戴いて、各々の市町村で火切りなど昔ながらの方法で採火し“たたたらの火”を、トーチによって合火しながら吉田村から安来の和鋼博物館までの約130劼瞭残を176人のランナーで走り継ぎました。また、その後もアイアンロードサミットを数回開催し、6市町村の関係を深めていきました。

仁多町役場前での出発式

和鋼博物館前での点灯式
ファンタスティック・クリスマスナイト(平成6年度〜)
 安来のシンボルである十神山の前に40メートルの巨大ツリーを立て、安来港をはさんでのレーザーショーを繰り広げました。ぬいぐるみショーや豚汁の無料サービス、子供たちへのクリスマスプレゼントも大好評でした。平成9年度からは場所を和鋼博物館前の広場に移し、多くの市民の皆様に喜ばれています。
安来出身の文化人顕彰碑の建立(平成4年度〜)
 安来商工会議所青年部の文化事業の一つとして、安来出身の文化人の顕彰碑を説明版とあわせて、主にその生誕地に建立しました。建立したのは、米原雲海、永井瓢斎、河井寛次郎、加藤景雲、渡辺お糸などです。また、平成9年度にはそれまでの蓄積を生かして『郷土文化人マップ』を作成し、市内各学校、文化施設等に配布しました。

▲河井寛次郎顕彰費

▲安来文化人マップ
10周年記念事業 1998 
 安来商工会議所青年部は創立10周年記念事業として、さくらの記念植樹を安来市古川町の『夢ランドしらさぎ』にて行いました。また、記念式典を和鋼博物館にて行いました。

▲和鋼博物館での記念式典

▲懇親会でのナイアガラ花火


『郷土文化人マップ』看板を市内2ヶ所に設置 1998〜1999
 10周年記念事業の一環として、JR安来駅前と清水寺駐車場の2ヶ所にマップの看板を設置しました。
ファイナルカウント’99 1999
 和鋼博物館を舞台にして、新成人と共に2000年を祝う深夜のカウントダウンイベントを行いました。カウントダウンと共に打ち上げた花火では多方面にご迷惑もおかけしました。

▲会場へ向う新成人

▲温かいおしるこの無料サービス